交通事故による後遺症(後遺障害)

後遺症が残らない場合と残る場合の損害賠償金の違い

交通事故による後遺症が残らない場合と残る場合の

共通する損害賠償金は「障害慰謝料」です。

 

これは交通事故によって受けた肉体的な苦痛と

施術に対するものです。

 

後遺症(後遺障害)が残った場合は

「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」というものが

加算されます。

 

「逸失利益」とは後遺症がなければ

将来得られたはずの利益です。

 

これが補填されます。

後遺障害等級認定の階級はどこで行われるか?

「損害保険料率算出機構」という

長い名前の機関によって認定されます。

 

示談や裁判にも、この機関の認定基準が

尊重されることが多いです。

 

後遺障害の内容にって、等級があり

この等級を「後遺障害等級認定」と

いいます。

後遺障害等級認定の「事前認定」について

被害者の方が後遺障害等級認定を行う

場合は2種類あります。

 

1つは「事前認定」もう1つは「被害者請求」です。

 

今回は「事前認定」について説明します。

 

任意保険会社を会社を通して後遺障害等級認定を

行う方法が「事前認定」です。

 

任意保険会社が必要な書類や

不足している書類を用意していくれますので、

被害者の負担が少ないです。

後遺障害等級認定の「被害者認定」について

「被害者認定」はその名の通り自賠責保険会社に対して

被害者自身が後遺障害認定を行うことです。

 

メリットは示談を行う前にお金がまとまって受け取れます。

デメリットは「遅延損害金」が付加されない点です。

 

これは裁判で判決が出る場合には事故時から賠償金に

対して損害金が受け取れるものです。

 

ほとんどの場合は被害者の負担が少ない「事前認定」を

選択しています。

「後遺障害等級認定」による受け取る金額の比較

「自賠責法別表第1」

第1級 4,000万円 

第2級 3,000万円

 

「自賠責法別表第2」 

第1級 3,000万円 

第2級 2,590万円 

第3級 2,219万円

第4級 1,889万円 

第5級 1,574万円 

第6級 1,296万円

第7級 1,051万円 

第8級 819万円 

第9級 616万円 

第10級 461万円

第11級 331万円 

第12級 224万円 

第13級 139万円 

第14級 75万円

 

この比較を見て感じることは

級が一つ違うだけで、受けとる金額が

大きく違うことです。

診断名が同じでも、「後遺障害等級認定」は違うことがあります

「自賠責法別表第2」の中で第1級が3,000万円、

最低の第14級が75万円です。

 

最高と最低では、2,925万円の差があります。

これはスゴイ差だと思います。

 

最高額と最低額ではなくても、例えば第12級が224万ですので、

最低額から2級上がるだけで149万円も変わってきます。

 

重要なことは、等級認定されたときにその内容に少しでも

不服があれば異議申し立てすることです。

 

そしてもう一つ。

 

複数の後遺障害がある場合はそれらが合算されて

等級が上がる可能性があります。

「後遺障害等級認定」は『級』と『号』で表される

後遺障害等級認定の「○号」は被害者の方がどの

「級」に当てはまるのか判断するための項目の番号を

示しています。

 

ですが、ここでよくある問題が交通事故でよくある

後遺障害の「むちうち症」です。

 

むちうち症の対象となるのが

12級13号と14級9号となります。

 

12級13号は

『局部に頑固な神経症状を残すもの』

 

14級9号は

『局部に神経症状を残すもの』

 

この二つの違いは「頑固な」という言葉が入るか、

入らないかだけです。

 

この一語で等級が変わってしまうのは納得が

いかない方も多いと思いますが、医師の画像診断、

神経学的所見によって判断されます。

 

ですから、少しでも後遺障害の等級認定に関して

少しでも不服であれば異議申し立てをすべきです。

 

知らないと損をするのは自分自身ですからね。