交通事故の示談

示談が成立するまでの流れ

「示談」というと、裁判で決めるものと思われる方が

多いと思いますが、実際は当事者同士で

話し合って解決することをいいます。

 

示談の基本理念が被害者と加害者の

話し合いやゆずりあいだからです。

 

被害者と加害者が話し合って問題を

解決し和解をしたら示談書(書類)を作成して

お互いが判をしたら示談成立となります。

 

追記

保険会社が相手の場合は「示談書」の代わりに

「免責書」になることもあります。

示談する前に弁護士に相談

なぜ、弁護士に相談するかというと保険会社が

提示する賠償金額が相場をしらないと低いケースが

あるからです。

 

保険会社を責めるわけではありませんが

一度示談してしまうと、後で覆すことができなくなります。

 

たとえ、保険会社の担当者さんが

 

「最高の賠償金額を払わせて頂きます」

 

と言われても、とりあえず弁護士さんに

相談して下さい。

 

もしかしたら、その額よりも上がる可能性が

高いですから。

 

事故された被害者のほとんどの方が、知らない

ケースが多いので注意して下さいね。

 

知らないと自分が損することになりますから。

示談交渉の相談で弁護士に依頼するタイミングは?

弁護士に依頼する場合は重い怪我の場合だと

思います。軽い怪我では、施術が終わってから

保険会社が示談金を提示してから大丈夫だと思います。

 

賠償請求を行う場合は自分で交渉する場合と

弁護士に依頼する場合があります。

 

重い怪我の場合は、様々な問題が起こり

自分で解決、交渉することが大変になってきます。

 

特に後遺症障害が残る場合は交通事故を

得意としている弁護士依頼するのがベストです。

 

なぜなら、損害賠償の細かい項目を理解し

複雑な計算をして、適正額を算出することが

困難だからです。

示談が決裂してしまったらどうすればいいの?

示談の決裂はよくあります。決裂後の処理が大変ですが

それでも当事者同士が構わないのであれば下記の方法で

解決を図ります。

 

1、財団法人交通事故紛争処理センターで和解斡旋

被害者の相談員は弁護士です。ですが、あなたの弁護を

するわけではなく、あくまでも和解を斡旋する仲介者なので

誤解のないようにして下さい。

 

相談員は被害者からの悩みや問題などを聞いて示談斡旋を

行っていますので必要な証拠集めは自分で行う必要があります。

 

2、調停

簡単に説明すると、簡易裁判所に被害者と加害者の

間に入ってもらって、再び話し合いすることです。

 

「調停」では納得いなない人は直接訴訟に移ることもあります。

 

3、訴訟

簡単に説明すると、示談に納得がいかない被害者が

判決を求めて加害者を訴えることです。

 

裁判での解決には2つあり一つは裁判の途中で

裁判所から「和解勧告」が入って和解するケース。

 

もう一つは判決がでるまで争うケースです。

 

判決が出るまでの期間は半年から一年長いと数年に

なってきます。でも、割合的には途中で和解する場合が

多いです。

春日井市 交通事故情報