交通事故による損害賠償額

交通事故の被害者の方でよく間違えるのは

保険会社が全額、損害賠償金を払ってくれると

思い込んでいることです。

 

これはケースバイケースで全額

認められるとはかぎりません。

 

なぜなら、被害者の方にも過失があったと

判断される場合があるからです。

 

つまり、

 

損害賠償額ー過失分の金額=支払われる額

 

となります。

 

なので、健康保険などを使って施術することも

できるので注意して下さい。

 

あと、施術時に使用した交通費や雑費は証拠として

認められる可能性があるので、必ず残しておいてください。

損害賠償金には何が含まれているか?

大きく分けると物損と人損です。

この2つを合わせた額が損害賠償金です。

 

「物損」

 

には、自動車や車内にあったもの

身につけていたものなどの破損。

 

「人損」

 

には交通事故によって負傷した怪我

や後遺症などがあります。

 

但し、自賠責保険は人身事故のみ

任意保険は人身事故と物損事故の

両方に適用されます。

 

損害賠償金を細かく分けると、例えば怪我をした場合、

 

治療費、入院雑費、通院交通費、付添費、

休業損害障害慰謝料、弁護士報酬、後遺症慰謝料、

将来介護費、将来雑費、損害賠償請求関係費用、

装具・器具等購入費、家屋、自動車等改造費、

葬儀関係費、修理費、買替差額、評価損、代車使用料、

休車損、登録関係費

 

など数えるだけでも、これだけあるわけです。

 

これらを被害者自身が知っているのと知らないのでは、

損害賠償金は大きく変わってきます。

 

なぜかといえば保険会社の提示に対して知らないと

何も言えず、提示額で判断してしまうからです。

 

もし知っていたならば、

 

「この種類の損害金が抜けているのでは」、

 

「この損害金の額がおかしいのでは」

 

と指摘できます。

 

各損害金によって算出方法が違うので自分では

分からない場合は、交通事故の示談において

スペシャリストの弁護士依頼したほうがいいでしょう。

 

弁護士にも得意分野と不得意分野があるので

選ぶときは注意して下さいね。

内払い金

損害賠償金の支払=損害賠償金

ー内払い金(施術費、医療機関までの交通費、休業補償)

 

「内払い金」は保険会社に対する、怪我の状態、経過、

施術の状況・必要性、仕事の休業が必要なことを

保険会社に報告して確認、理解してもらうことで

支払われます。

春日井市 交通事故情報