交通事故加害者の3つの責任

刑事責任・民事責任・行政責任

加害者の責任として、「刑事責任」「民事責任」「行政責任」

があります。

 

刑事責任とは罰金刑、懲役刑、禁錮刑など加害者が

刑罰に処せられることです。

 

例えば、ひき逃げや飲酒運転で人身事故を起こした

場合ですね。

 

民事責任とは損害賠償責任です。

 

例えば事故によって生じた精神的苦痛、怪我の治療費、

被害にあわなければ得られた収入などです。

 

行政責任とは文字通り、行政が行う処分です。

 

交通事故の場合ですと、免許の取り消しや停止が

それにあたります。

民事責任での課題点

被害者に深くかかわってくるのは

「民事責任」です。

 

加害者側(保険会社)と被害者が話し合って

損害賠償で解決します。

 

どうしても解決できない場合は

あまりないのですが、裁判で決めるしかありません。

 

今、「加害者天国」と言って、加害者は保険会社に

全てを任せて何もせず、本来ならば被害者の方が

負担が少なくていいはずのに、現状は負担が

大きくなっています。

 

資料を集めたり、時間がとられたり、保険会社から

何度も電話がかかってたりと

 

「被害者なのになぜ」

 

と思う方も多いです。

 

その負担から逃れるために、保険会社さんが有利に

になるように誘導されてしまうケースが多いので

注意が必要です。

 

「私は被害者のだから」

 

という強い気持ちをもつ

ことが大切だと思います。

春日井市 交通事故情報