交通事故によるむちうち動画

交通事故の追突による「むちうち」の応急処置

交通事故の追突による「むちうち」の応急処置ですが

事故にあわれて、意識がない、呼吸が苦しいなど命に

関わる場合は直ぐに救急車を呼んでください。

 

そして病院で身体チェックをしてもらい、首の骨折や

脳の損傷がなく「むちうち(首の強い急性捻挫)」と

言われた場合の応急処置です。

 

最優先に行うことは「固定」と「アイシング」です。

 

「固定」は病院で「頚椎カラー」と言って首を固定する

装具が渡されると思いますので、痛みがある場合がそれで

固定してください。

 

但し、長期間固定をすると首の筋肉が衰えて、

外せなくなるので痛みが軽減してきたら外す時間も

入れていきましょう。

 

アイシングは必ず氷水を使用してください。

 

アイスパックやアイスノンは凍傷の危険性がありますし

冷湿布は痛みは引くかもしれませんが、冷やす

という意味では氷水が勝っていると思います。

 

痛みがあるときは、痛めた部位に10分間密着するように

冷やしてください。最初の3分間は冷たくて痛いかも

しれませんが、3分を過ぎると慣れてきます。


なれない方はガーゼなどを当てて、その上から

アイシングを行えば大丈夫だと思います。

 

薬局やスポーツ用品店で氷のうが売ってますので

長期間使う方は利用したほうが時間と手間がかかりません。

 

また氷はできるだけ小さいほうが密着するので

100円ショップに行けば、小さい氷を作れるケースが

売ってますのであると便利です。

追突によるムチウチの痛みはなぜあとからでるの?

よく患者さんからこんな質問を受けます。

 

「先生、事故でむちむちになったんだけど

痛みがあとからでてきました」

 

痛みは首で感じるのではなく脳で感じます。

 

事故直後は警察や保険会社に電話をしたり、

整形外科に行ったりして頭の中がパニック状態です。

 

脳は同時に二つのことを意識できないので

痛みのことは消し去られてしまいます。

 

そして、警察や保険会社とのやり取りや書類作成が

終わり整形外科で様態の報告を聞いて落ち着いた時に

首の痛みが感じると私はそう思っています。

 

ですので、あとから痛みが出るのは交通事故追突により

「むちうち」になった方は同じようなことをおっしゃるので

大丈夫です。あなただけではないので安心してください。

追突による「むちうち」の症状とは?

むち打ちの初期は、鋭い痛み、しびれ、首から手にかけての

放散痛、肩甲骨の上部の痛み、めまい、頭の痛みです。

 

また、首をどの方向にも動かすことができないことが多いです。

 

重度の方は脈拍の減少、瞳孔縮小、首、腰が伸ばせない。

一人で起き上がることができない、歩行困難、足がしびれる、

感覚がないなどです。

 

上記の様態の場合は、直ぐに整形外科でみてもらうことを

お勧めします。

「むちうち」注意点と来院目安

交通事故の追突による「むちうち」は、追突直後は痛みが

でなくても数日~数ヶ月後様態が悪化するケースが多々あります。

 

これはたぶん、交通事故などの衝突によって首の骨(頚椎)が

不安定になり、頭を支えることが困難なためだと思われます。

 

事故後は必ず整形外科でレントゲンを撮りましょう。

 

<むちうち>で整形外科や接骨院に通う目安

 

・朝起きた時に、首が回らない

・違和感がある

・突っ張る感じがある

・腕がしびれる

 

ときは、施術が必要な時期だと思って下さい。

「むちうち」からくる頚椎ヘルニア

交通事故にあって、ムチウチになると、直後は首が

痛くて回せません。

 

これは事故の衝撃によって首の骨が不安になり、

頭を支えることが困難になって首に負担がかかり

痛くなります。

 

また衝突の勢いで首が前後左右にふられ首の筋肉が

急激に伸ばされ痛みが出ます。

 

「むちうち」を簡単に説明すると首の強い捻挫と

思ってください。

 

整形外科でレントゲンやMRIという写真をとり

骨や神経に異常が見つからなければ固定と

アイシングで徐々に痛みは軽減していくはずです。

 

ただし、正常な可動範囲まで首が動くには

時間がかかりますが・・・

 

しかし、この痛みが一週間経っても変わらない

一ヶ月以上続く場合は他の原因があるかもしれません。

その中の一つに「頚椎椎間板ヘルニア」の疑いがあります。

 

「頚椎椎間板ヘルニア」の特徴的な症状は

 

①せき、くしゃみでいたい

②朝がいたい

③首を前に倒すといたい(ひどい場合は後ろに倒しても痛いです)

 

この上記の状態が全て当てはまる方は「頚椎椎間板ヘルニア」の

疑いがありますので、必ず整形外科でみてもらって下さい。

 

我慢しますと、手術することもあります。

交通事故直後にやるべき5つのこと

交通事故直後に加害者や被害者がやるべき

5つのことを説明します。

 

①生命の確保

②二次事故の予防

③落ち着く

④警察、精液外科、保険会社などへ連絡

⑤警察職員を交えた被害者と加害者の会話

 

①生命の確保について

意識がない、心拍数、脈拍数が落ちている、

瞳孔縮小、呼びかけても反応しない場合は、

直ぐにできる人は人口呼吸、AEDによる蘇生術、

できない人は周囲の人に大声で叫んで救急車を

呼ぶように頼んでください。

 

被害者は脳の損傷は首の骨を骨折している

可能性があるので、急激に動かすと危険です。

 

②二次事故の予防

加害者や現場近くにいる人は、二次事故を防ぐために、

ハザード点滅、発煙筒、停止板などを置いて後方からくる

車やバイクに知らせることが急務です。

 

③落ち着く

どうしでも現場ではパニック状態に陥ります。

 

特に女性はどうしたたいいのか分からず、不安定な

状態になりますので、近くにいる人が落ち着かせて

あげるのがベストです。

 

④警察、整形外科、保険会社などへ連絡

119番で救急車を呼んだ後は警察、整形外科、保険会社の

順番で電話をされたほうがいいと思います。

 

⑤警察職員を交えた被害者と加害者の会話

どうしても、当事者同士で話し合いをすると

感情的になり、お互い主張し合って話が前に

進まなくなります。

 

必ず、警察職員を通して話しあった方が

後々トラブルの予防にもなりますので、お互い怪我をして

いなければ警察職員が来るまで待ちましょう。

春日井市 交通事故情報