自賠責保険と任意保険

自賠責保険

交通事故にあった被害者を補償するための保険には

「自賠責保険」「任意保険」あります。

 

この二つの保険を簡単に説明すると「自賠責保険」

最低限の補償額を支払いそれでも足りない部分については

「任意保険」で支払います。

 

自賠責保険とは自動車損害保障法(自賠法)に基づき

自動車の運行による人身事故の被害者を救済するため

全ての自動車に契約することが義務付けられている

強制保険(共済保険)です。

 

※自賠責保険で支払われる保険金(賠償金)の

最高限度額は、1事故1名につき、

死亡の場合で3000万円(支払限度額)。

傷害は120万円(支払限度額)。

 

障害に含まれている保険金は施術関係費、文書費、

休業損害、慰謝料等です。

 

後遺傷害が残った場合は、

傷害の程度に応じて75万円~4000万円(支払限度額)と

決まっております。


※例①

車を運転していて、事故を起こしてしまった場合

自分は補償を自賠責保険で受けることができますか?

 

(回答)

相手の被害者へは自賠責保険から保険金が

支払われますが自分の車や相手の車の修理代、

自分自身のケガの施術代などは自賠責保険では

支払われません。


※例②

父・母・兄・弟の4人家族で、undefined

お父さんが所有する車をお母さんが

運転していて、人身事故を起こした場合は?

 

(回答)

賠責では、運転者とその自動車の持ち主(所有者)は

補償されないので、お父さん、お母さんのケガは

自賠責保険では補償されません。

 

兄・弟と相手の被害者へは自賠責保険から

保険金が支払われます。

自賠責保険算定基準

自賠責保険算定基準はケースバイケースで

異なりますので下記はあくまでも例です。

 

1、入院中の看護料

(原則として12歳以下の子供に近親者が付き添った例)

●1日4,100円

 

2、自宅介護、通院介護、近親者

●1日2,050円

 

3、休業損害

(*それ以上の証拠資料がある場合は別途)

●1日5,700円

 

4、入院諸雑費

●1日1,100円

 

5、障害慰謝料

●1日4,200円

 

6、死亡慰謝料

●本人(相続される)350万円

遺族1人550万円

遺族2人650万円

遺族3人以上750万円

 

7、葬儀費用

●原則60万円(100万円以下)

*「後遺障害慰謝料」は後日書きますので

割愛させていただきます。

自賠責保険に相手が加入していないときどうすればいいの?

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は

強制加入で、加入していないと車を運転しては

いけないと法律で定められています。

 

自賠責保険に入っているからと言って

全額補償されるわけではありません。

 

4000万円という限度額があるのです。

この額を超えた場合、困ってしまいますよね。

 

なので、それを補うために任意保険があります。

ですが、あくまでも任意なので、事故にあったときに

被害者が加害者に任意保険に入っているかどうか

確認する必要があります。

 

もしも、相手が強制加入の自賠責保険に

加入していなかったらどうすればいいのか。

 

そんな時のために「政府保障事業」という

制度があります。

 

これは自賠責保険に加入していない人が

事故を起こした場合や加害者が誰だか分からない

場合は自賠責保険と同じ額を保証してくれる制度です。

 

他にも「無保険者障害特約」に被害者自身や

親族などが入っていれば損害賠償相当額が

支払われる場合があります。

任意保険

※任意保険は「賠償責任保険」、「傷害保険」、

「車両保険」3つのグループに分けられます。

 

まず、「賠償責任保険」は相手の人や物に対する保険で

交通事故で相手の人にケガをさせたり、

車を壊してしまった場合に保険金が支払われます。

 

「賠償責任保険」には、『対人賠償保険』と『対物賠償保険』が

あてはまります。

 

次に、「傷害保険」は、自分や同乗者に対する保険で

交通事故等によって、自分や同乗者がケガをして入院や

通院したりした場合、死亡してしまった場合等に保険金が

支払われます。

 

傷害保険には、『搭乗者傷害保険』、『自損事故保険』

『無保険者傷害保険』、『人身傷害補償保険』の4つが

当てはまります。

 

そして「車両保険」は、自分自身の車に対する保険で

交通事故等で破損させてしまった、自分自身の車の

修理代で支払われる保険です。

 

(賠償責任保険)

・対人賠償保険

※他人に怪我をさせてしまったり、

死亡させてしまった場合を対象とした保険。

 

・対物賠償保険

他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させて

しまった場合を対象とする保険。

 

(傷害保険)

・搭乗者傷害保険

運転手を含む、すべての同乗者を対象とした、

怪我や死亡した場合に支払われる保険。

 

・自損事故保険

他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故の

場合に適用される保険。

 

・無保険者傷害保険

相手が対人賠償保険に加入していない場合や

加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う

能力が無い場合に適用される保険。

 

・人身傷害補償保険

怪我をした場合の施術費等を、自身の過失部分も

含めて全額負担してもらえる保険。

(施術費・休業補償・慰謝料など)

 

また、歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償。

 

契約者本人とその家族であれば、歩行中や自転車に

乗っているときの自動車事故も補償されます。

単独事故も補償されます。

 

(車両保険)

自分の車が破損した場合を対象とした保険。

保険会社(自賠責保険会社、任意保険会社)への請求

保険会社に対する請求方法は2つあります。

 

①まず自賠責保険会社に請求し、

足りない分を任意保険会社に支払ってもらう。

 

②自賠保険会社に請求せず、任意保険会社に

一括請求する。(被害者に対して支払ったあとで

任意保険会社が自賠責保険に請求する)

 

どちらの場合ももらえる額は同じです。

例外として裁判になった場合は「遅延損害金」

という金利が発生します。

 

よくある問題は「過失相殺」によって、被害者の

賠償金額は減額されるので、任意保険会社の担当者と

被害者の示談の交渉が長引くことがよくあります。

 

逆に自賠責保険会社は過失割合が高くても

(7割未満の過失までは)減額はなく満額支払われます。

 

但し、被害者が怪我をした場合で被害者の

過失割合が7割を超えた場合賠償金や保険額から

2割の削減になります。

 

例外として後遺症や死亡した場合は下記の通りになります。

 

・被害者の過失割合:7割以上8割未満→2割減額

・被害者の過失割合:8割以上9割未満→3割減額

・被害者の過失割合:9割以上10割未満→2割減額

 

被害者の過失割合が高い場合は

任意保険会社から支払われる損害賠償金額が

自賠責保険会社から支払われる賠償金額に

おさまってしまうこともあります。

 

過失割合が大きくて賠償額が自賠責保険の

範囲内におさまってしまう場合は

①のまず自賠責保険会社に請求し、

足りない分を任意保険会社に支払ってもらう

選択する方がベストです。

まとめ

事故にあったら、直後にやってほしいことは

加害者の身元確認や、証拠集めは以前お伝え

しましたが、それと加害者が自賠責保険や

任意保険に入っているか確認してください。

 

そして加入の有無を確認したら保険会社

連絡してもらうようにお願いしてください。

 

また、被害者本人が加入している任意保険でも

保険がおりるケースがあるので、こちらの通知も

忘れないで行ってください。

春日井市 交通事故情報