春日井市 交通事故状況

被害者の症状をお伝えする前に春日井市

では愛知県の中でも交通事故が多発

していることをあなたは知っていますか?

 

以前、

「交通事故防止に向けた安全運転を!」

というタイトルで春日井市全域に広告入りました。

どんな内容が書かれていたか紹介したいと思います。

 

今年に(平成27年5月現在)入ってから春日井市内では、

交通事故死亡者がなんと去年の2倍上のペースで発生

しています。

 

交通事故は決して他人事ではありません。尊い命を一瞬にして

奪い、平和な暮らしを破壊してしまいます。

 

交通事故が及ぼす影響と命の尊さを今一度、認識して春日井市を

安全安心で住みやすい町にするために下記のことを市民のみなさんに

呼びかけています。

 

・横断者に注意し、一時停止や左右の安全確認を徹底すること

・車の往来や信号をしっかり確認して、交通ルールを守ること

 

上記の内容で春日井市市長の伊藤太市長は市民に呼びかけました。

市がこのようなチラシ広告で伝えることは珍しいと思います。

それだけ春日井市では交通事故が多いということになります。

 

実際に春日井警察署交通事故にあわないために

どのようなことに気をつけてほしいのかお伝えします。

交通事故にあわないために注意を喚起しています。

最初に左右の確認です。

 

当たり前のことですが、当たりだからこそ

怠ってしまうことがあります。

 

特に交差点で青信号のときに左右の確認がとても

大事になります。

 

「青だから進め!」と思って左右の確認をしないまま

進行してしまうと横から車が突っ込んでくることがあります。

 

「青信号だから大丈夫!」とは思わず、

もしかしたら車や自転車、歩行者が横から飛び出してくる

かもしれないと思って運転することが交通事故防止に

つながると思います。

 

次に防衛運転です。

 

自分が事故を起こさない、あわないために

慎重に運転することです。

 

例えば、会社に遅れるかもしれない、待ち合わせや予定していた

時間に間に合わないかもしれないなど焦って運転するとします。

 

そうなるとどうなるか。

 

スピードを出して運転する、左右の確認を怠ったり、信号無視、

一時停止をしない、周囲の視界が狭くなって事故にあいやすくなります。

 

まずは時間に余裕をもって運転することが大切であり、事故の防止に

つながります。安全運転をするために焦らない運転しましょう。

 

暗くなってからライトをつけても危険なことがあります。

 

夕方で日が沈むと薄暗らくなって視界が狭くなり、

歩行者や自転車を発見するのが遅くなることもあります。

 

また夕日など、太陽の光がまぶしくて歩行者や自転車が

見えない、気づかないことがあります。時間帯で事故が

多いのは実は夕方なんです。

 

暗くなったら直ぐにライトを点灯することによって、歩行者や自転車

を直ぐに発見することができ、また合図の役割もあります。

 

視力がいいから薄暗くなってもライトの点灯は必要ないと

おもわずに暗くなる前からライトをつけることをしましょう。

 

道路でもネオン街や電灯が左右にあれば明るいし、山道や

田舎道では電灯がない道路は暗いですよね。そんなときは、

積極的にハイビームを使って点灯しましょう。

 

真っ暗な夜道をスピードを上げて走ると、カーブなどで

直ぐにハンドルをきることが遅れることになります。

 

また、対向車に気づかないで追突していますことが

あります。周囲が暗い場合はハイビームを積極的に

使って遠方や周囲の視界を広げ、対向車にも

教えてあげることが基本です。

 

最後に思いやり運転です。

 

春日井市は車社会なので、自分のことだけ

考えずに相手のことも考えて運転する意識が必要です。

 

横断歩道や一時停止場所では必ずストップする。

スピードが出やすい道路ではスロー運転に切り替える。

無駄のないこ運転を心がける。

 

たとえば追突しないため早めにウインカーをだす、

バイクなどの巻き込み防止のためにサイドミラーを見る習慣を身につける、

坂道や下り道はではエンジンブレーキを使う、

バックする時は子供がいないか確認する。

 

最近は高齢者の交通事故が増えています。

 

その多くがブレーキとアクセルを間違えて踏んで発進して

しまうことです。バックする時は必ず、一度チェンジレバーが

バックに切り替わっているか確認してから発進することが大切です。

道路交通改正法

環状交差点における車両等の交通方法の答礼に関する規定の整備(平成26年9月1日施行)

環状交差点では

●左折等をするときは、あらからじめその前から

できるできる限り道路の左端に寄り、かつ、できる限り

環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。

 

●車両等は、環状交差点内を通行するほかの

車両等の進行妨害をしてはいけませn。

 

●感情交差点に入ろうとするときは、徐行

しなければなりません。

一定の病気を原因とする事故を防ぐために

一定の病気とは・・・

統合失調症、認知症、およびてんかんなど

自動車等の安全な運転に支障を

およぼすおそれがある病気として

法令で定めているものをいいます。

一定の病気に該当することを等を理由として免許取り消しされた場合における再取得した免許に係わる免許証の有効期間に関する既定の整備

一定の病気に該当することを等を理由に

免許を取消された場合、取消されてから

3年以内で免許を再取得した場合は

取消された免許を受けた日から取消

さらた日までの期間と再取得した免許を

受けていた期間は継続れていたものと

みなされています。

春日井市 交通事故情報